八王子城跡から望む都心夜景と謎の音の話。

f:id:u_t_a:20191029162604j:plain

久しぶりに八王子城跡へ夜景撮影に行ってきました。単独行動なので、安全を考え日没前の明るい時間帯に現地入り。

持っていったものは、カメラ本体・レンズ類に加え、三脚(Velbon ULTREK)・LEDランタン・フラッシュライト・ヘッドライト・サーモボトル・Bluetoothスピーカー。社会人になってから全く運動していないので、重さも相まって結構キツかったです。

f:id:u_t_a:20191029162515j:plain

休みながらも30分程度で目的地に到着。まずはスカイツリーと新宿副都心を望遠で撮影。少しガスってるのが残念。

 

f:id:u_t_a:20191029162522j:plain
さいたま新都心および大宮駅周辺のビル群。首都高速埼玉大宮線の防音壁が結構目立ってる。その手前が狭山丘陵と所沢市の高層マンション。西武ドームも左端から若干チラ見。

 

f:id:u_t_a:20191029162537j:plain
手前が多摩ニュータウンと多摩センター駅周辺の高層ビルで、中央が武蔵小杉の高層マンション群と川崎市中心部。奥にはうっすらと房総半島が見える。三本の煙突は姉崎火力発電所かな?

 

f:id:u_t_a:20191029162617j:plain

辺りは薄暗くなり、ポツリポツリと街の明かりが増えていく。夜景撮影時はこの時間帯の雰囲気が一番好きかもしれない。

山から見る夜景は街から離れているので、自然の音以外一切聞こえない場合が多いがここは違う。クラクションやパトカーのサイレン、米軍機の飛行音など色々な音が聞こえるので街の近さを実感できる。

 

f:id:u_t_a:20191029162651j:plain

f:id:u_t_a:20191029162631j:plain

望遠で街の一部を切り取るとかなり高密度であることがわかる。都心の超高層ビル群が壁のようになり、無数の航空障害灯が明滅している。

 

f:id:u_t_a:20191029162708j:plain
広角レンズで全景を撮影。そして...

夜景撮影に夢中になっていた18:00を過ぎた頃から、ブヒッブヒッという動物の鼻息のような謎の音が何度も聞こえるようになる。

最初は風の音か葉の擦れる音だろうと勝手に納得し、特に深く考えていなかったが、明らかにその謎の音の回数が多くなり近づいてきたので、流石にビビって片付けを開始。

ヘッドライトで辺りを照らしたが何も見えず、暗闇と得体の知れない何かが恐怖を支配する。今までナイトハイク中に見た野生動物といえば、陣馬山の野ウサギ程度だ。八王子城跡は都内でも有名な心霊スポットらしいが、クマやイノシシに遭遇する方が10倍怖い。

帰りはradikoでGROOVE LINEを聴きながら恐る恐る下山。ラジオは動物よけに効果があるのか不明だが、単独ナイトハイクの場合、不安感を和らげてくれるのでかなり心強い存在であることは確かだ。 

帰宅後も耳に残り続ける謎の音の正体は一体何だったのだろうか...